フェリシモで手芸キットを買うには

フェリシモで手芸キットを購入できるブランドは、クチュリエとミニツク(一部のみ)です。どちらも月に1回送られてくるシステムをとっています

クチュリエのシステム

クチュリエでは、手動ではありますが、1回限りで終了することや何回か作ってみて止めることもできます。だから、はじめてでちょっと不安でもお試しができるので安心して購入できます

私がフェリシモ以外のキットの購入でよく目にする口コミは、作り方がイマイチわからないという感想です。私も実際に作ったことがあるんですが、説明書がわかりにくいものが多いです

クチュリエの作り方説明書は、カラフルなイラスト入り(かわいいんです♡)で、詳しく書いてあり初めて作る手芸でも作りやすくなっています。なので、他でみつけたキットがクチュリエにあったら、まず、こちらから始めることをおすすめします

<購入方法>

事前に会員登録しておくことをおすすめします。メリーポイントが貯められ、貯まった分でフェリシモ商品がもらえます^^10月ぐらいになると来年の手帖やメリーポイントがもらえるお得なプレゼントもあります(2016年現在の情報)

案外、メリーポイント知らないうちに貯まっていくんですよ^^

1.フェリシモ公式ホームページから左側にあるcouturier [クチュリエ] 手づくりからはじまるわたしらしい暮らしをクリック

2.couturier(クチュリエ)のホームページでやってみたい手芸キットを選びます

3.購入するには、「ショッピングバッグに入れる」をクリック

4.「定期便ショッピグバッグ(〇月分ご注文フォーム)」で内容を確認して、下の「次へ」と進みます。配送時間や支払い方法などの情報を入力し注文情報へと進み完了します

継続・中止の手続きは、申し込み締め切り日までにしましょう

前月注文した手芸キットの記録から1か月前になると登録していたアドレスに次回の注文メールが届きます。「ご注文手続きをする」をクリックすると「定期便ショッピグバッグ(〇月分ご注文フォーム)」が開きます

事前に中止を決めている場合は、1か月のメールを待たずに手芸キットが届いたら公式ホームページの上の「ご注文フォーム」をクリックすると「定期便ショッピグバッグ(〇月分ご注文フォーム)」が開きます

そこで続けるか続けないか判断し、続ける場合は、そのまま下の「次へ」に進み注文手続きに入ります
止める場合は、止める手芸キットの数量を「0」にして「再計算」をクリックし下の「次へ」をクリックしておきます。のちほど中止のメールが届きます
>>>couturier [クチュリエ] 手づくりからはじまるわたしらしい暮らし
フェリシモ「コレクション」

ミニツクのシステム

ミニツクは、その名の通り身につくように長期間(大体1年)、自宅で気軽にできる習い事のようなシステムです。手芸(というよりは、工芸という感じかな)だけではなく生活する中で楽しめるプログラムが用意されてあります。ミニツクの特徴としては、プログラムを1度に予約し、途中で止められないというところです。支払いは、自動的に月1回ずつ引き落とされます。なんだか身構えてしまいますよね^^

私がミニツクのミニチュアレザークラフト(1年間予約)を始めたキッカケは、ホームページの写真を見ていてやってみたい!というそれだけの気持ちでやり始めちゃったんです^^結構、キッカケは単純だったりするもんで

最初から道具や材料そろえるなんてお金も時間も大変だけれど、フェリシモの手芸キットは、材料がそろてあるのですぐに始められるから続けられていると思っています。これがフェリシモの魅力!

1.フェリシモ公式ホームページ(FELISSIMO フェリシモ)から左側にあるミニツクをクリック

2.ミニツクのホームページでやってみたい手芸キットを選びます

3.購入するには、「ショッピングバッグに入れる」をクリック

4.「定期便ショッピグバッグ(〇月分ご注文フォーム)」で内容を確認して、下の「次へ」と進みます。配送時間や支払い方法などの情報を入力し注文情報へと進み完了します

のちほど完了のメールが届きます。
>>>FELISSIMO フェリシモ ともにしあわせになるしあわせ

私は、今のところ1か月の中のすき間時間で無理なく作れている内容です
生活の中でストレスを抱えているのなら好きなことに打ち込むとストレスが解消されるそうですよ!私も実際に子育て中に何か作るということに集中すると気分が爽快になり、また、育児にいそしむことができました^^自分の時間は、少ない時間でも作ることが大事です。その時間が手芸にあてられるのならぜひ、作ってみてください!

サイト運営者


北海道千歳市生まれ、関西在住の主婦です^^

OL→パタンナー→インテリアコーディネーター→主婦。フェリシモの手芸キットに出会って手芸が大好きになりました
詳しいプロフィールは、こちらから

フェリシモ「コレクション」
ページ上部へ戻る