ミニチュアレザーキットで楽器を作ってみた

ミニチュアレザークラフトレッスン8回目は、オーストリアの古楽器店。ここで少しひと休みレッスン!接着剤で貼ることがメインの作品です!とは言っても細かい作業が入ってくるので気は抜けませんよ〜♡
フェリシモ 繰り返し楽しめちゃう! 夢の手づくり時間 道具付き ミニチュアレザークラフト1年間レッスンプログラム[12回予約プログラム]

オーストリアの古楽器店の内容


<キット内容>

  • レコード、ギター、ピアノのカットパーツ(牛革)セット 3点
  • ロウ引き縫い糸(ワインレッド・白)
  • フェルト
  • 型紙
  • レクチャーブック

<自宅で用意したもの>

  • 糸切りバサミ
  • 定規
  • ハサミ
  • ピンセット
  • つまようじ
  • 段ボール紙
  • カッターナイフ
  • チャコペンとボールペン
  • 布用の針と糸
  • 前回の接着剤
  • 前回の革用針
  • ウェットティッシュ
  • 半田ごて

レコードを作る


黒の円盤に白の円盤を接着剤で貼る


型紙のレコードジャケットを選び(私は、モーツァルトを選びました)、切り取ってのりしろに接着剤で貼る


出来上がり!

ギターを作る


牛革のギターを作ります!


ネックパーツに糸をあぶり止め6つを施します。ポイントは、焦げないようにあぶり止めすること!ということで半田ごてをおすすめします。あぶり止めしていくと半田ごてが焦げてくるのでこまめに(半田ごてが完全に冷めてから)乾いた布等でふき取ってください。


ギターにステッチを施す


ボディ2枚を接着剤で貼る。浮いてくるので重しをのせて乾かす


出来上がり

ピアノを作る


縫うところはなく接着剤のみで完成します


立体的に組み立てていきます


黒鍵をワインレッドの糸を貼って表現します


楽譜もつけて出来上がり

ミニチュアレザークラフトレッスン オーストリアの古楽器レコード、ギター、ピアノを作ってみた感想


ピアノの側板を貼るところや細かい黒鍵を貼る作業が難しかったです。あと、ギターのボディに革2枚貼る接着がうまくいかず重しで何とか貼ることができました。また、黒鍵を貼る接着剤が糸を引くため乾いた後これが残ってしまいました。ひと休みレッスンでしたがなかなか奥が深かったです!
フェリシモ 繰り返し楽しめちゃう! 夢の手づくり時間 道具付き ミニチュアレザークラフト1年間レッスンプログラム[12回予約プログラム]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト運営者


北海道千歳市生まれ、関西在住の主婦です^^

OL→パタンナー→インテリアコーディネーター→主婦。フェリシモの手芸キットに出会って手芸が大好きになりました
詳しいプロフィールは、こちらから

おすすめ記事

フェリシモ「コレクション」
ページ上部へ戻る