ミニチュアレザーキットでトランクケースを作ってみた

私の初めての海外旅行は、ニューヨークとワシントンでした!ジョン・F・ケネディ空港に着いてバスに乗り、イーストリバーを渡るとそこはもうマンハッタン!バスは、ウェスト57thストリートを上りティファニーやカーネギーホールの前を通るとみんな一斉に拍手喝采!ドキドキワクワクの旅が始まりました・・・そんなニューヨークの旅には、こんなレトロなトランクケースが似合います

ミニチュアレザークラフト ニューヨークのトランクケース店の内容


<キット内容>

  • パスポートケースとトランクケースのカットパーツ(牛革)セット 3点
  • ロウ引き縫い糸
  • フェルト
  • 型紙
  • レクチャーブック

<自宅で用意したもの>

  • 糸切りバサミ
  • 定規
  • ハサミ
  • ピンセット
  • つまようじ
  • 段ボール紙
  • カッターナイフ
  • チャコペンとボールペン
  • 布用の針と糸
  • 前回の接着剤
  • 前回の革用針
  • ウェットティッシュ
  • クリップ

レッスン3は、縫い糸で縫うというより閉じるという感じでほとんどが接着剤でつける作業です

レトロな赤茶色のトランクケースを作る


細かいパーツを接着するのでピンセットでパーツを持ち、段ボール紙に接着剤を出して、つまようじの先に接着剤をつけ、パーツに塗るとやりやすいです


カバンの表になる方に手持ち、バンド、バンド通しを接着剤でつけます


表と後ろのカバンの四隅をそれぞれ縫い糸で閉じ四角い箱型にしていきます


表と後ろのカバンを縫い糸でつなぎ合わせます。すると実際に開閉できるトランクケースの出来上がり!


この中に何を入れようかな^^

ポケット付きのキャメル色のトランクケースを作る


今度は、ポケットがついているトランクケースです


実際にボケットの中にモノを入れられるように周りに接着剤をつけます


四隅は、こんな感じで閉じています


パスポートをポケットに入れて旅を続けます

おしゃれな水色のパスポートケースを作る


パーツは、これだけ!接着剤で貼るだけです


実際にモノが入れられるように周りにだけ接着剤をつけてポケットをつけます


ベルトとベルト通しをつけます


折り癖をつけるためにクリップで挟みます


こんなおしゃれなパスポートケースほしい^^

フェルトでトランクケースとボストンバッグを作る


キットの中の型紙を切ってフェルトに置き型を取ってカットします
布用の針と糸でひたすらチクチク縫います


どちらもモノが入れられます。ボストンバッグ(左)の方は、上を縫い閉じるので先にモノを中に入れてプレゼントすると開ける時は、ハサミを使って開ける特別なラッピングになり贈った方への印象も残るのでは^^
>>>フェリシモ 繰り返し楽しめちゃう! 夢の手づくり時間 道具付き ミニチュアレザークラフト1年間レッスンプログラム[12回予約プログラム]

あの頃の楽しかったニューヨークの旅をアルバムを見ながら思いにふけり作ったトランクケース^^

”時が流れても誰もが行き過ぎてもYou’re Just A Friend !
この胸に
トランク1つだけで浪漫飛行へIn The Sky
飛びまわれ このMy Heart 
                 (米米CLUB 浪漫飛行より引用)”
%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%b35
トランケースに荷物を詰め込んで旅に出発で〜す^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト運営者


北海道千歳市生まれ、関西在住の主婦です^^

OL→パタンナー→インテリアコーディネーター→主婦。フェリシモの手芸キットに出会って手芸が大好きになりました
詳しいプロフィールは、こちらから

おすすめ記事

フェリシモ「コレクション」
ページ上部へ戻る