ミニチュアレザーキットで洋服を作ってみた

ミニチュアレザークラフトレッスン7回目は、アントワープの洋服店。アントワープは、ベルギー第2の都市で「フランダースの犬」の舞台となった場所。前衛的なファションデザイナーも輩出した芸術の街でもあります。それを踏まえてのファション?では、おしゃれなベストとコートを作っていきたと思います
フェリシモ 繰り返し楽しめちゃう! 夢の手づくり時間 道具付き ミニチュアレザークラフト1年間レッスンプログラム[12回予約プログラム]

アントワープの洋服店の内容


<キット内容>

  • ベスト、コートのカットパーツ(牛革)セット 2点
  • ロウ引き縫い糸(白)
  • ミニ洗濯ばさみ
  • フェルト
  • 型紙
  • レクチャーブック

<自宅で用意したもの>

  • 糸切りバサミ
  • 定規
  • ハサミ
  • ピンセット
  • つまようじ
  • 段ボール紙
  • カッターナイフ
  • チャコペンとボールペン
  • 布用の針と糸
  • 前回の接着剤
  • 前回の革用針
  • ウェットティッシュ
  • 半田ごて
  • ベストを作る


    固いイメージにレースをあしらい中和させます


    前身頃に接着剤でレースをつけます


    前身頃と後身頃を中表にして肩と脇を縫い、表にひっくり返して出来上がり

    コートを作る


    洋服を作る時に必要な前身頃、後身頃、そで、えり、ポケットなどが揃っている


    まず、そでを作ります


    前身頃と後身頃を中表にして肩と脇を縫い、そでをつけます


    表にひっくり返して、前身頃にレースをつけ、胸もとが開かないように糸で縫いあぶり止めします


    ボタンとポケットを接着剤でつけて出来上がり

    ミニチュアレザークラフトレッスン アントワープの洋服店のベストとコートを作ってみた感想


    ブックリとした出来上がりがかわいい♡この雰囲気「フランダースの犬」に出てきそうな感じがする。

    コートのそでや身頃をひっくり返す作業がなかなか大変でした(汗)。縫っているところがちぎれないかヒヤヒヤしましたが、意外と革って丈夫なんです^^ミニ洗濯ばさみは、接着部分を押さえる時に使います

    フェルトの型紙では、シャツやズボンもあり、まだまだ楽しめそう

    撮影には、以前作った帽子と靴もコーディネートしてみました
    このままお部屋に飾って他の作品とのコラボも楽しんでいます
    フェリシモ 繰り返し楽しめちゃう! 夢の手づくり時間 道具付き ミニチュアレザークラフト1年間レッスンプログラム[12回予約プログラム]

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly

関連記事

サイト運営者


北海道千歳市生まれ、関西在住の主婦です^^

OL→パタンナー→インテリアコーディネーター→主婦。フェリシモの手芸キットに出会って手芸が大好きになりました
詳しいプロフィールは、こちらから

おすすめ記事

フェリシモ「コレクション」
ページ上部へ戻る