刺しゅう少な目な植物標本刺しゅうセットを作ってみた

スポンサーリンク

刺しゅうするところが少な目で、かわいい草花刺しゅうの出来栄えがすぐにみえてくるので達成感が味わえ、やる気を持続させる刺しゅうセット!初心者でも最後まで作りきれるよう工夫されています。
フェリシモ 摘みたてを集めた 花と木の実のサンプラー刺しゅうフレームの会【送料:450円+税】

セット内容

<キット内容>

  • 接着芯付き・図案印刷済み布(クリーム)
  • 木製フレーム(手のひらサイズぐらい)
  • 刺しゅう針
  • 刺しゅう糸(緑)
  • 刺しゅう糸(薄黄)
  • 刺しゅう糸(黄緑)
  • 刺しゅう糸(黄)
  • 刺しゅう糸(グレー)
  • 出来上がり見本写真
  • 作り方説明書

布には、図案・接着芯貼り付け済み。
刺しゅう糸は、すでにカット済み。
刺しゅう枠不要。
針に糸を通すだけで刺しゅうがすぐに始められるのが特徴!

用意した道具

  • ハサミ
  • 手縫い針
  • 手縫い糸(生成)
  • テープ

作り方

ご覧の通りのようにステッチしていきます。刺しゅう糸は、6本が1束となっており、こちらのセットでは、3本どりと2本どりで刺していきます。

6本1束の刺しゅう糸から1本ずつ取って使うとふんわりとした作品が出来上がりますのでこのやり方をおすすめします!

刺しゅうのやり方は、作り方説明書にイラストで詳しく載っていますので安心してください。

まず最初に茎をバックステッチします。刺しゅう糸は、本茎は、3本どりと小茎が2本どりで刺しゅうしていきます。

次に葉に刺しゅう糸3本どりでストレートステッチしていきます。

花びらは、刺しゅう糸3本どりでレゼーデージーステッチします。

花芯とつぼみは、刺しゅう糸3本どりでフレンチノットステッチを針に2回巻で刺します。

文字は、刺しゅう糸2本どりでバックステッチします。

作品が中央に来るようにセットし、裏を縫い針でジグザグに縫い留めます。

出来上がりました!

作ってみた感想

今回は、2回目だったんですが前回よりもステッチの種類が少なく簡単でした。

見た目刺しゅうする箇所が多く見えますが、 実際作っていくと小さな刺しゅうばかりなので少なめ!

だから、サクサク作れ 植物標本が出来ていくのを目の当たりにするのでテンションが上がり、速く作りたくなりました!

作業時間は、1週間1時間で7時間でした。

少し刺しゅうを引き過ぎたので布にシワが入ってしましました。刺し終わりの玉留めの引きの力具合に注意してください。

フェリシモ 摘みたてを集めた 花と木の実のサンプラー刺しゅうフレームの会【送料:450円+税】

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る